ひとつにはなれない

それは全てが違うものだから

イブ☆登山

クリぼっちって…なんか妖怪みたいでかわいい。

 

一人きりのクリスマスにソロ登山してきました。

ノロノロ登山でいくつかポイントを回ってスタート地点に戻って来るまで約10時間。

前回コケて断念した山を登りきった!

 

生きてるって実感したかったから。

 

『山に行くと、普段の生活では感じられない「死」が、なんとなく近くに感じられるのです。』

『自分の「生」を感じている時でもあります。』

 

そう誰かが言っていた。

危険な箇所が多いほどそう思うのかもしれない。

 

今回の登山の中で、

朽ちた枯れ木や岩から伸びる枝を見ているとそれらから

「死んでもいい」

「生きてもいい」
と言われているような気がしました。

 

雪に残った動物の足跡からは、
「生きろ」
とも(できればアシタカの声で)

 

山は木は岩はただそこにある。

動物達もただそこにある。

 

すごくしっくりきた。

うまく言葉に出来ないけど。

もちろん下山できて安堵する気持ちは

生きてるって実感につながるんだけど。

山に行っても答えは出ないなって。

 

ソロではもう行かないと決めました。


やっぱりみんなで楽しくワイワイ言いながら登りたいな〜。

筋肉痛も一人で噛みしめるのがツラい( ;∀;)